IoTの基礎、Rubicで行うRuby組み込み開発

こんにちは、Rubyボードのハンズオン担当の山本です。

わかやまITカーニバルでは、IoTの基礎となるマイコンボードを使ったハンズオンを、Wakayama.rbコミュニティが製作しているRubyボード(WRBボード)を使って行う予定です。

Rubyボードのファームプログラムは、すべてgithubにオープンソースとして公開されています。https://github.com/tarosay/Wakayama-mruby-board

さらに、WRBボードにはRubicというRubyボードに特化した開発環境が提供されています。
rubic

RubicはChromeアプリなので、Chromeが走る環境であればWindowsでもMacでもlinuxでも選ばずに同じように使うことができます。

RubicもWRBボードと同様、今回初ハンズオンです。
Rubyボードの開発環境に興味がある方も、是非、わかやまITカーニバルにいらして下さい。